フレーズ (Phrases) フレーズ&ボキャブラリー マナー

How you doin’? 調子どうだい?

日本の教科書で「ご機嫌よう/お元気ですか?」を覚えると決まって教科書の1ページ目に出てくる「How are you」です。

しかし、意外や意外、「How are you?」以外にも日常的な場面ではいくつか別のフレーズを使います。むしろ「How are you?」は多少丁寧過ぎるので、それ以外のフレーズを使うことの方が多いです。数ある中から、今回はそのいくつかを紹介したいと思います。

「ご機嫌よう/お元気ですか?」 の様々な言い方

man and woman shaking hands
Photo by rawpixel.com on Pexels.com

Hi, how are you?  → お元気でしょうか?  ※やや硬い

↑ まあ、みんなが使います。

Hi, how (are) you doing?  →やあ、調子いかがですか? ※まぁまぁカジュアル

↑ 割とお店の店員やレストランのウェイターなどが言っているフレーズです。向こうでは知らないお客さんにも結構フレンドリーな感じで話すのは当たり前なことです。

Hi, how you doin’?   →やあ、調子どうだい? ※日常的にカジュアル

↑ 多少、方言的な響きもありますが、「気前の良いおっちゃん」などが使っているイメージがあります。

返答の仕方

man wearing black zip up jacket near beach smiling at the photo
Photo by Tim Savage on Pexels.com

I’m fine thank you and you?  →まあ、ぼちぼちですね。そちらは?

↑ こちらの表現も日本の教科書で習う内容です。しかし、重要なのは多くの人が「イントネーション」と「リズム」が不自然であること。イントネーションさえ覚えれば、流暢に聞こえます。このイントネーションのコツを知りたい方は一度レッスン依頼をかけてみてください。

そうでない場合ヒントは日本語で「まぁ、ぼちぼちでんな〜 で、そちらは?」と言うときのトーンやリズムを覚えていてください。この日本語のフレーズを頭に浮かべながら「I’m fine thank you ….. and you?」と言うと英語圏の人と似たようなリズム・イントネーションになります。

I’m good & you? →まあまあってとこかな。そちらは?

↑ 人間誰しもが常に「最高〜!」な状況であるわけではありません。こちらの表現は「まぁまぁ/ぼちぼち」つまり、「大して調子が良くない」時に使うフレーズです。たまにはこう言うのも差し込んで、素直に今の自分の気持ちを表しましょう。

group of people raising right hand
英語を話しているからと言って写真のように、いつも「超前向き!」である必要はありません。笑 ましては旅行時に使う英語の場合は、束の間のバカンスです。時折本音を混ぜながら会話をするようにしましょう〜Photo by rawpixel.com on Pexels.com

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

vo1ss

Sharing stories of those making a positive impact to the world.

Confusio: Translation & Interpretation / Cultural studies / Language Tutoring & Coaching

過去と未来の融合点:今の時代にあった和風グローバリズム

Learning Sandbox

趣味でピーター・センゲの講演を翻訳しています(不定期更新)

miko's 3min talks

Art, Culture, Education / アート カルチャー 教育

ABOUT SOMETHING AROUND

There is no time to be bored in a world as beautiful as this.

おひさしぶり OHISASHIBURI

A Guide to Learning Japanese