英語学習のTIP Learning Tools Robさんの独り言

世界言語の関係図

世界にある数々の言語の関係性を表すときにツリー構造を使います。当ブログではMinna Sundbergさんが書いた世界言語の関係相関図を紹介します。

参考:The Tree of Languages Illustrated in a Big, Beautiful Infographic (図も同サイトより抜粋)

世界にある数々の言語の関係性を表すときにツリー構造(Tree, つまり「木」の形)で表す方法論が一般的だそうです。しかし、学者はこのようなツリー構造を絵にして表現することが難しいので、Minna Sundbergというウェブ・コミッククリエイターの方が書いたそうです。(著:Stand Still. Stay Silent,

英語だけ勉強するのは疲れた英語以外の言語も勉強してみたい(する必要がある)というにような人はこの図を参考にして他の言語を勉強するのも良いかもしれません。

またディスカッションの一部で次のようなコメントもあります。

A strange tree of languages that doesn’t mention Sanskrit, Latin, Japanese, or Chinese.

とても良い図だが、サンスクリット語やラテン語、日本語と中国語については触れていない。

そう、日本語と中国語はとある言語学的な観点からすると世界の大多数の言語とは「別物」だと言う主張もできることです。それにしても、サンスクリット語とラテン語と言えばもう何千年も常用語として、使われている言語です。もしかして日本語と中国語は古来からずっと使われている言語なのか?! そうだとすれば、それはそれでとても興味深いことですね。

言語間の関係の見方は他にもあるかと思います。ある一つのものの見方として捉えていただえれば幸いです。

以上。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

vo1ss

Sharing stories of those making a positive impact to the world.

Confusio: Translation & Interpretation / Cultural studies / Language Tutoring & Coaching

過去と未来の融合点:今の時代にあった和風グローバリズム

Learning Sandbox

趣味でピーター・センゲの講演を翻訳しています(不定期更新)

miko's 3min talks

Art, Culture, Education / アート カルチャー 教育

ABOUT SOMETHING AROUND

There is no time to be bored in a world as beautiful as this.

おひさしぶり OHISASHIBURI

A Guide to Learning Japanese