英語学習のTIP Learning Concepts Learning Tools

お酒と言語

お酒を飲むと外国語が堪能になる?!

たぶんこんなタイトルだと思います。知り合いの方から紹介頂いたイタリア語の記事です。お酒を飲むと外国語の会話には良いそう。勿論、飲み過ぎは逆効果だと思いますので、程々に!!

同じく最近フォローし始めた若手の言語研究家(?)の方も以下のYouTube動画でNewsweekの記事を紹介していました。

 

*ニコ生でも動画配信しているそうです。直接質問を聞きたい方はどうぞ。

日本語版のNewsweek記事はこちら

https://www.google.com/amp/s/www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2017/10/post-8722.php

この実験で立証されたのはアルコール5%ぐらいのビールが効くとのことです。他のお酒も効くんでしょうか。

私はほぼ下戸(gekko-kamen)なのでもう殆ど飲みませんし、かの十年くらい前は日本語が吹っ飛び、英語の発音が「戻る」という経験を沢山していました。あとハンバーガーとおにぎりを同時に食べたくなる、などの性分あります。

よく日本でも本音で話すために「呑みニケーション」をする事がありますが、たぶんこの心理によく似た現象なのだと思います。

もしかしたら、英語(や西洋の言語)で話すというのは本音が必要、ないしは本音で話す為のいい練習になるのかもしれません。

私は個人的に他人の苦労話などは面白く聴けるタイプ(バカにしているわけではありません!)なので、もし日常の波乱万丈を英語で共有したい!!という場合はプライベートレッスンを受け付けております。笑

興味あれば是非ご連絡ください!

Confusio -提供サービス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中