英語学習のTIP 東伊豆町・稲取(Higashiizucho & Inatori)

セッションレポート: 稲取朝市案内 by 地元小学生D君

今回は変化球で地元の小学生D君に稲取の朝市を案内をしてもらいました私はただの引率。。。ほとんど用なしでした。the other houseに滞在中のRobbie(AUS)とGareth(US)にも色々案内してもらったりして、こっちも仕事の手間が省けて助かりました!(笑)

img_1628-1

D君は大川地区に在籍していますが、イギリスなどの海外の国々にも親戚や友達がいたりするバイリンガル小学生です。私みたいに最近引越して来たような人間では説明できないような地元っ子ならではの裏話(?)もたくさんありました。学校でも多くのことを学んでおり、稲取のキンメダイ事業を始めた「ウエジマチョーゾー」さんの話などしてくれました。(たぶんこのページ(稲取 はまべ荘さんHP)で紹介されているような内容と似ているものと勝手に想像しています。)

 

一部会話の様子はこちらのビデオにて。

 

 

朝市の無料味噌汁のアピールをしたり、役場の前のキンメの像を鳴らすそしてその他簡単な近隣観光施設の説明をしてもらったりして大活躍。小学生なので、大人のより簡潔ながら、わかりやすく説明しながら、稲取や東伊豆町のちょっとした魅力を少しづつ出してもらったと思います。こちらまったく仕事をせずにくつろぐことができました。(笑)

最後はRobbieとGarethの二人に地元特産品(ニューサマーシャーベットとドーナツ)を進めて、1分ほどでスムーズに520円を売り上げていました。D君凄い。。。地元の子ならではのスムーズさです。

D君がさらりと地元商品を勧めて売ってしまう様子。(↓)

 

今回のまとめ(学び)

意外にも小学生~中学生に朝市を案内させると英語の勉強と売上向上が両方同時にできるかも。。。と真面目に思いました。地元の楽しい場所を共有することは楽しいし、教科書には載っていない内容なので実は難易度が高く、とても効率的な勉強になります。大人であってもやはり、これを参考にして地元を英語で説明する方法にて英語の練習をするのはいいかもしれません。でよければいつでも、是非お手伝いさせていただければと思います。

また、今回のD君は英語と日本語の間を自由自在に行き来することができるバイリンガルです。彼のような人がどんな英語を使っているのかなど勉強すると参考にあんると思いました。また、機会があれば本人にも色々と聞いてみたいと思います。

ろぶ

 

 

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

vo1ss

Sharing stories of those making a positive impact to the world.

Confusio: Translation & Interpretation / Cultural studies / Language Tutoring & Coaching

過去と未来の融合点:今の時代にあった和風グローバリズム

Learning Sandbox

趣味でピーター・センゲの講演を翻訳しています(不定期更新)

miko's 3min talks

Art, Culture, Education / アート カルチャー 教育

ABOUT SOMETHING AROUND

There is no time to be bored in a world as beautiful as this.

おひさしぶり OHISASHIBURI

A Guide to Learning Japanese