セッションレポート Learning Concepts 河津(Kawazu)

セッションレポート:Fun English with Kids (@Kawazu)

先日お呼ばれされて、隣町は河津まで the other houseに滞在中のSimon(UK)、Robbie (AUS), Gareth (US) に外国人ボランティアとして参加してもらいながら、河津のこどもだちと英語で触れ合いました。

img_1578.jpg

サークルの名前は「FUN ENGLISH」。とりあえずは難しいこともそうですが、楽しく「英語に触れる」機会として、運営させていただきました。またお子さんだけでなくお母さんも一緒に参加いただきました。

img_1575

当日のメニューは次の通りでした。

  • 英語で自己紹介タイム Introducing yourself in English
  • だるまさんが転んだ ”Red light, green light” game
  • 伝言ゲーム The “Messaging” Game

それぞれの特徴は次の通りです。

英語で自己紹介タイム Introducing yourself in English: お母さんとペアになる、または(余裕があれば)一人で外国人の人に自己紹介をしたり、どこから来たか聞いてみる。(My name is 〇〇〇, what is your name? Where are you from? など)

だるまさんが転んだ ”Red light, green light” game:こちらは本当は別の名前があると思いますが、Izu Pen Englishバージョンで “Red light”(赤信号)、”Green light” (青信号)とさせていただきました。名前の通りルールはだるまさんが転んだと同じですが、基本的には”Green Light”と言っている間はオニに向かって進み、”Red Light”と言ったときに止まる、というゲームです。

このゲームの良いところはやり慣れているゲームであるから、「みんなすぐにできる」、日本語と違って海外では「青信号のことをGreen Light(緑信号)と呼ぶということが体験できる」ということです。もちろん、とても「おもしろい」ゲームでもあります。

伝言ゲーム The “Messaging” Game: こちらはみなさんご存じ、輪になって「耳打ち」をするゲームです。始めに誰かが言葉を決め、それが輪を回って正しく戻ってくるか見るゲームです。始めはオーストラリアのRobbieに決めてもらい「Welcome!」という言葉を回してみましたが、最後Robbieにまわって来たときには「American!」になっていました。。。確かにイントネーションはなんとなく似ています。。。とりあえずはそんなおもしろいオチに外国人ボランティアの皆さんも大変喜んでいた様子です。

また、次回の開催を楽しみにしていたいと思います。

ろぶ

広告

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

vo1ss

Sharing stories of those making a positive impact to the world.

Confusio: Translation & Interpretation / Cultural studies / Language Tutoring & Coaching

過去と未来の融合点:今の時代にあった和風グローバリズム

Learning Sandbox

趣味でピーター・センゲの講演を翻訳しています(不定期更新)

miko's 3min talks

Art, Culture, Education / アート カルチャー 教育

ABOUT SOMETHING AROUND

There is no time to be bored in a world as beautiful as this.

おひさしぶり OHISASHIBURI

A Guide to Learning Japanese